新サッカー ユニフォーム 評価 海外

サッカー ユニフォーム 激安 フリーな状況でない味方からのバックパスについては、「キック」の定義により、足首より上の部位を用いてパスされたボールについてはゴールキーパーは手で触れることが出来る。味方のプレーヤーからキックで返されたボール(バックパス)を手で触れる。味方のプレーヤーからスローインで返されたボールを手で触れる。保持していたボールを離してから、他の競技者が触れる以前に、再び手で触る。 ボールを6秒以上手で保持する(以前は保持可能時間は4秒で、それに加えボールを手で保持した状態で4歩以上歩いてはいけない「4ステップ」と言うルールもあったが、これを厳密に守ると動きが制限され過ぎるため、ほとんどの場合、審判の判断も含め暗黙の了解でこの規定は見逃されていた。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です