病院で働く人たちの子どもをあずかる病院内保育

Enjoy Your Work?

二重保育について

別の所で学べる環境を

病院内保育では、あくまで子どもを預けることに重点を置いています。
従業員が子どもを預けられる環境に整っていますが、教育面に関しては方針が定められてない場合が多いと言われています。
そのため、病院内保育だけでなく別の場所で学べる環境を作るために、二重保育を取り入れた病院が増えています。

二重保育とは

二重保育とは病院内保育所を利用しつつ、幼稚園に通うことです。
忙しい従業員の場合、二重保育を両立させることが難しいと言われていますが、病院内保育所で在勤している保育士がバス停まで送迎を行います。
このような運営方法は、病院内保育的に難しいイメージがありますが、幼稚園と連携を取ることで保育所側にもプラスになります。
長期休暇や休日になると幼稚園がお休みになりますが、病院内保育に預けられるメリットが生まれます。
病院内保育所を利用している子どもの中には、幼稚園に通っていない子もいますが、小学校に通うまでの勉強を行える環境も作ることが可能です。
院内で働く従業員の子育てをサポートするためにも、二重保育の導入を考える必要があります。
最近では幼稚園児だけでなく、小学生を対象にした児童施設も病院内に作る動きが高まっていると話題になっています。